CROSS TALK クロストーク

トライトでは、Webサービスを自主開発。
「トライトワーカー」をより使いやすいWebサイトに拡充して、法人様と求職者様がマッチングする機会を増やしたい。

正木 拓馬(左)

2022年入社

マーケティング本部

黒島 渉(右)

2022年入社

マーケティング本部

Q.これまでの経歴を教えてください。

デザイン会社からキャリアをスタートして、今までずっとWeb関連の仕事をしてきました。京都から大阪、東京、そして昨年トライトに入社して大阪に戻ってきました。前職はWebの制作会社でした。これまでは受託してWeb制作を行ってきましたが、もっと根幹に関わりたいと考え事業会社を希望しトライトに転職しました。

私は、2022年トライトに新卒として入社しました。日本の大学で外国語学部を卒業して、その後海外の大学に進学し、コンピュータサイエンスというコンピュータの活用全般を扱う学問を専攻。卒業後、 Webエンジニアの募集があったトライトに応募しました。エンジニアには自社開発と受託開発がありますが、自社開発を希望していたため、トライトを志望しました。

Q.現在の仕事内容を教えて下さい。

マーケティング本部のサービス企画課に所属しています。業務内容としては、トライトが保有しているWebサービスの企画・開発、運用等を行っています。直近では、「トライトワーカー」というトライトの統合型求職者サイトのリリースがありましたので、その開発のディレクションを担当しました。現在は、トライトが保有しているビジネスサービスすべてをリリースしたWebサイトに統合していくプロジェクトに参画しています。

私も、黒島と同じサービス開発課に所属しています。メイン業務は、話に出ている「トライトワーカー」をはじめとした求人サイトの運営や開発、補修作業等です。トライトの開発チームは25名程度で大規模な分業型のチームではないため、Webサイトのアプリケーションのコアな部分の開発に携わることができるのが特徴。 Webサイトのパフォーマンスやデータベースそのものに関わる開発を行っています。

Q.トライトを選んだ理由は何ですか︖

トライトでは、Webサービスを自社開発しているのが特徴の一つ。
ベースから考え一から開発することは、自分の成長にもなり社会への貢献にもつながります。

先ほども話しましたが、エンジニアには自社開発と受託開発があり、トライトは希望していた自社開発をしていることが1番の理由です。またチームの規模が大きくないことから開発のコアな部分に関わることができる点にも魅力を感じました。

私は、まず事業会社を希望していました。それまでずっと業務依頼を受けて案件をこなして納品することが仕事でした。稀に納品後に継続して運用も任せていただけることもありましたが、結局、根幹部分にまで携わることができないというのが物足りなく、次は事業会社に入ろう、そしてどうせ作るなら世の中のためになるようなものをつくろう、サービスとして運用しようと考えるようになりました。
その中で、医療・福祉・建設業界に特化した人材業のトライトに出会いました。世の中に必要で、それなのに人手不足という大きな課題を抱える業種ということで社会貢献のお手伝いができるのでは?と考えたのが理由です。

私は、希望した通り開発の根幹に携わっていることです。部分的なことや細かいことだけをこなすのではなく、重要な部分に関わっているので、自分の成長になっていると感じています。もう一つは、説明能力が上がったことです。アプリケーションの仕様書を作る業務を行っていますが、様々なアドバイスをもらいながら現在修正作業を行っています。トライトは自社開発なので、社内のエンジニア全員が仕様書を見てすぐに理解できないといけません。誰にでも伝わるように説明することの難しさ、そして大切さを学んでいます。

Webの自社開発に関係するのですが、内製は「話がはやい」のが良い点だと感じています。前職ではクライアントからの外部委託で仕事をしていたので、スムーズに進まないこともありましたし、理不尽なことも経験しました。トライトでは、こういうものがほしいと求める社員が目の前にいて、それを同じ会社の私たちマーケティング本部が提供するというシンプルな関係性なので開発しやすいのが魅力です。

キャリアアドバイザーや営業の企画部隊から、こんな企画をしたい、やってほしいという要望があるのですが、それに自分の力で応えられるのがうれしいです。感謝の言葉をもらうこともあります。やりがいがある仕事だと感じています。

Q.トライトに入社してよかったことは何ですか?

トライトでは新しいことやらせてもらっている。様々な要望に自分の力で応えられるのがうれしいです。

Web業界は長いのですが、その中でもトライトは新しいことに取り組んでいたことです。前職では自分の立場自体は安定していて、まず知らないことの方が少ない状態で業務を行っていましたが、トライトでは感覚としてはわかっているけど知らないこと、すごく新しいことをやらせてもらっている。初心に戻るような気持ちです。わからないけどとりあえず走り回っている、そんなときに成長を実感してうれしいです。

私は、希望した通り開発の根幹に携わっていることです。部分的なことや細かいことだけをこなすのではなく、重要な部分に関わっているので、自分の成長になっていると感じています。もう一つは、説明能力が上がったことです。アプリケーションの仕様書を作る業務を行っていますが、様々なアドバイスをもらいながら現在修正作業を行っています。トライトは自社開発なので、社内のエンジニア全員が仕様書を見てすぐに理解できないといけません。誰にでも伝わるように説明することの難しさ、そして大切さを学んでいます。

キャリアアドバイザーや営業の企画部隊から、こんな企画をしたい、やってほしいという要望があるのですが、それに自分の力で応えられるのがうれしいです。感謝の言葉をもらうこともあります。やりがいがある仕事だと感じています。

Q.マーケティング(本部)として、これからのビジョンや夢を教えてください。

3年計画の大きなプロジェクトに全力を注いでいます。ユーザーが使いやすい、活用しやすいサイトを作り、医療・福祉・建設業界に貢献したいです。

現在進行している、トライトのサービスを「トライトワーカー」に統合していくプロジェクトは、3年計画の大きなプロジェクトです。現在2年目となり、全力を注いでいると言っても過言ではありません。
企画そのものは概ね終わっていて、今はそれを実現させていくフェーズ。求職者様などユーザーが使いやすい、活用しやすいものに仕上げていきたいと考えています。

開発課として今の目標は、「トライトワーカー」の機能拡充です。例えば、パスワードレス入力です。
Googleのemailパスワードひとつですべてのアプリケーションにログインできるシステムを導入して、ユーザー認証を現状よりももっと楽にしていこう!ユーザーの負担をなくしていこう!と、そんな機能拡充をしていきたいと考えています。また、パフォーマンスも良くしたい。ユーザーがアクセスして、そのページが表示されるまでの時間をもっと短縮できないか、追求していきます。

新しい技術を、「トライトワーカー」に今後実装していきたいです。Webサイト自体できあがったばかりなので改良する余地が多いですし、改良前提につくっているので新しいものを導入しやすい状況です。ユーザーが「トライトワーカー」を使ったときに感じるレベルで使いやすいとか使えないとか、私たちが汲み取って改善していきたい。常に新しい技術やサービスを取り入れて、3年のうちに最高の形に仕上げられたらいいなと思います。

私は、もう一つ開発フローの仕様書をつくることも考えています。現在そういうものがないので開発フローを整理して、もっと楽に開発できる環境をつくりたい。それも使いやすいWebサイトにつながり、ユーザーのためになるのではないでしょうか。

トライトのWebサイトが使いやすければ、法人様と求職者様がマッチングする機会が増えて、結果入職者も増えて、人手が足りない医療・福祉・建設業界のために貢献できると考えているので将来のことを考えるだけでワクワクします。自分自身も仕事を楽しみながら、より良いWebサイトにしていきたいです。

質問は以上です。
ありがとうございました。

ありがとうございました。

仕事を知るBUSINESS

仕事の多くが“人と関わる”職種とも言えるトライトグループ。多種多様な職種と社員の個性の相乗効果で社会に新たな価値を生み出しています。代表的な職種の仕事内容などをお伝えします。

募集要項一覧