ウェブの裏側から挑戦する、
社会からの信頼と認知の獲得

岡本 稜賀

株式会社トライト マーケティング本部 サービス開発課

ご自身のこれまでのご経歴を教えてください。

 2017年4月に初の新卒採用の1期生として入社し、最初はキャリアアドバイザーとして配属されました。将来的に自分で事業をしてみたいと思っていたので、そのために営業職を経験したいと考えたからです。キャリアアドバイザーとして仕事を始めてみると、学生だった自分が想像していたより難しいことが色々ありました。うまくいかないときは、先輩方や上司が一緒になって打開策を考えてくれたり、求職者の方とどんな話をすると良いのかなどのアドバイスもたくさんいただきました。
 アドバイスに従って色々試してみて考えた結果、もっと自分の得意なことでこの会社に貢献できる方法はないかと思うに至り、上司に相談することに。すると、「学生時代に勉強していたプログラミングを、異動してやってみるのはどう?」というキャリアプランを提案してくれました。それをきっかけにしてマーケティング部門へ異動し、バックエンドエンジニアとして働くことになり、現在に至ります。

現在の仕事内容は何ですか?

 マーケティング本部内で、バックエンドエンジニアとして仕事をしています。ウェブのエンジニアには、大きく分けて、ウェブに訪問したときに表から見える部分を担当するフロントエンドエンジニアと、裏側の仕組みを担当するバックエンドエンジニアがあります。バックエンドエンジニアが担当するのは見えない部分の仕事ですが、ウェブ上で行われた入力などのアクションを正確に処理できるように整備・改善する役割を担っています。
 エンジニアとして担当している業務は多岐にわたっています。複数ある人材ビジネスのサービスサイトも担当していますし、社内システムや、マーケティングオートメーションツールもカバーしています。ウェブ上のアクションが正確にかつ効果的に処理できるかどうかは、業績に大きく関わることなので、学びも多く、また、気を引き締めて対応する必要があることを日々実感しています。

やりがい・仕事の面白さは何ですか?

 学生時代にはゲームのプログラミングを学んでいたので、今の部署に異動した時も、少しは通用するだろうと思っていました。ところが、ゲームとウェブのプログラミングは全く別物で、最初はものすごく苦戦したんです。そこから必死になって、わからないことは上司や周りの人に聞いたり、知識を習得するために勉強する時間を多く持ちました。ゲームとウェブでは使用する開発言語も異なるので、言語の本を読んで学ぶ必要もありました。
 こういう経験を経て、今は組織に貢献できるようになってきたと思います。サービスサイトの立ち上げに携わったり、後輩社員の教育担当も任されるようになり、一つ一つの仕事に成果を残せるようになってきたことで、やりがいを感じられるようになりました。
 人材業界は競合企業が多い分野ですが、使いやすいUI・UXを実現することで、どこよりも認知度と信頼度のあるウェブサイトの構築を目指したいと思っています。

トライトを選んだ理由は何ですか?

 学生時代は専門学校でゲームのプログラミングを勉強していました。将来的に自分で何かビジネスを手掛けたいという夢があり、そのためには社会に出て、ビジネスで求められる知識や経験を得る必要があると考えていました。その第一歩として、やはり営業は必須だなと思っていたんです。営業ができないと、どんな事業を立ち上げたとしてもビジネスとして成立しないだろうと。
 その想いから、新卒でキャリアアドバイザーの仕事に応募しました。説明会に参加すると、そこにいたのは大学生がほとんどで、専門学校生だった私は少し不安になってしまったのですが、変わらぬ対応をしてくれたことを今でもとてもよく覚えています。面接も一方的に質問をされるというよりは、対話ができたという感覚があり、とても印象が良かったんです。この時の印象で、社会人最初の一歩を踏み出す環境として適しているという直感を得られたことがトライトを選んだ理由です。

トライトに入社して成長を感じるのは
どのような時ですか?

 担当している案件で成果を出せたときは、成長を実感することがあります。例えば、ウェブサイトのページの読み込み速度は、訪問した人がそのままサイトを見てくれるかどうかに大きく影響するので、重要な改善ポイントです。なかなか表示されないページは見たくなくなってしまいますから。ただこの表示スピードを1%改善するのも、実はとても大変な作業が必要です。現在の速度になっている原因を突き止めることから始め、突き止めることができたとしても、新しい技術を習得してからでなければ解決しない場合もあります。こういう困難な場面でも、学びを得ながら解決していくことが求められます。その期待に、課題の解決という形で応えられると成長できた実感がありますし、また次の課題のクリアに向けて自信にもなります。

トライトはどのような雰囲気(社風)の会社ですか?

 私が在籍して5年目になりますが、会社が次の成長を目指す中で、どんどん前向きで良い意識を持つ組織に変化していると感じています。所属しているマーケティング部門では、お互いに意見を出し合い、それを検証してより高い成果を目指す体制があります。
 会社全体でも、お互いの組織を尊重しながら、仕事を進める文化が以前にも増して強くなってきていると思います。この先の成長を見据えて、内側から変化していることを実感しています。

休日やプライベートはどのように過ごしていますか?

 ロードバイクが趣味なので、天気の良い日は淀川沿いを走ってリフレッシュすることが多いです。自宅にいる場合は、ゲームをして過ごすこともあります。また、プログラミングなど、仕事関係の勉強にもできるだけ時間を取るようにしています。

ある日のスケジュール
SCHEDULE

9:15出社
9:30朝礼 タスク共有 課題相談
10:00メールやメッセージの返信
11:00デイリースクラム チームごとのタスク共有や相談
12:00昼食
13:00担当タスクの実行
14:00会議
15:00教育担当社員との業務共有や相談
16:00会議
17:30夕礼 
18:00業務の進捗確認 
19:00退勤

ENTRY

募集要項や選考のフローの詳細を確認いただけます。
まずはお気軽にエントリーください。

採用に関してのお問い合わせ