デザイナー視点を養い
エンジニアへ転身
多様な役割の架け橋役として、
組織の成長にも目線を

河上 八雲

株式会社トライト マーケティング本部 サービス開発課

ご自身のこれまでのご経歴を教えてください

 2019年4月に新卒でWEBデザイナーとして入社しました。学生時代は芸術大学で美術を学んでいて、油絵などの美術作品を描いていました。大学で学んでいたこととはかなり方向の違う仕事で社会人生活をスタートさせることになったので、周囲からは意外がられました。ただ、自分の中では、美術を生業にしていくことの厳しさを痛感していたので、好きなウェブの世界で仕事をして、美術はライフワークとして取り組むようなスタイルを築いてみたいと考えていました。
 WEBデザイナーを志したのは、美術的な視点を生かすことができればと考えたためです。入社後、約1年ウェブデザインを経験し、現在は同じマーケティング部門内にある別チームで、フロントエンドエンジニアとして仕事をしています。

現在の仕事内容は何ですか?

 1年目はWEBデザイナーをしていましたが、2年目からは、希望してエンジニアとして業務にあたっています。
 当社グループは、医療福祉や、保育、建設など、さまざまな職種のお仕事をご紹介する事業を行っており、職種に応じたお仕事のご紹介や、働き方に関する情報を提供する「介護ワーカー」などのサービスサイトを複数展開しています。このサービスサイトの主に表に見える部分の改善を図っていく業務が、私が担当するフロントエンドエンジニアという仕事です。お仕事を探していらっしゃる方にとって、より使いやすいサイトであるような、UI・UXを実現することや、より多くの方がサービスサイトに訪れてくれるような仕組みづくりを担当しています。
 WEBデザインを担当していたころ、もっと使いやすく、もっと事業のサポートができるようなサイトを実現できるのではないかと考えることがだんだんと増えていき、エンジニアに興味を持ち始めました。その思いが強かったため、希望して今のチームに異動をしました。希望を叶えてもらった分、組織のパフォーマンスにはそれまで以上に貢献したいと考え、日々仕事と向き合っています。

やりがい・仕事の面白さは何ですか?

 1年目にWEBデザイナーの業務を経験した上で現在のエンジニアの仕事をしているので、デザイナーに対して、どう連携すれば仕事をスムーズに行えるのかを理解して、業務を進められるのが自分の強みだと思っています。デザイナーとプログラマーの橋渡し役として機能できているとしたら、とても嬉しいです。
 ウェブの仕事には、私のような表側を担当する仕事もあれば、バックエンドエンジニアというウェブの裏側の仕組みの改善を図る役割も必要です。デザイナー経験を生かして、フロント、バック、プロデューサー、デザイナーという多様な役割の架け橋になれていると実感することが少しずつ増えてきていて、そういう瞬間はとてもやりがいを感じます。こういった経験を柔軟に積ませてもらえる環境にとても感謝しています。

トライトを選んだ理由は何ですか?

 WEBデザイナーを志望していたものの、経験はない中での就職活動だったため、不安を感じながら活動していました。そんな中で、自分の美術の経験を生かして仕事をしたいという想いを伝える方法を考え、大学で描いた油絵の作品を面接で見ていただく機会を得ました。油絵とWEBデザインは、一見何のつながりもないように感じられると思うのですが、意外にも面接ではその作品の制作意図をじっくりと聞いていただけ、それがとても嬉しく、想いを受け止めてくれる社風を感じられたことが、トライトに入社した大きな理由です。
 入社してからもその時に感じた印象は変わりません。じっくり話して想いを伝え合いながら仕事ができる環境があるのは、とても魅力的だと思っています。

トライトに入社して成長を感じるのは
どのような時ですか?

 どんどん能動的になれているなと感じる瞬間が増えていて、そういう瞬間に成長できた実感があります。
 最初の頃は、自分の意見をなかなか出せず、後悔する時期がありました。経験が浅いこともあって、気が引けていたんですよね。でも、経験のあるなしに関わらず、人の視点はさまざまで、ウェブ開発ではその多様な角度で物事を見ていくことが大事だということに気づきました。今は積極的に自分の意見を発することを大切にしています。
 また、ウェブの世界で発生する課題の中には、要因が複雑に絡んでいて、なぜそうなっているのかがすぐにはわからないことも多々あります。解決するには、その複雑に絡みあったものを一つ一つ紐解いたり、技術的な不足を理解したりする必要があります。ウェブ開発に関係する技術や開発言語は日々進化していて、キャッチアップするための学びを自ら進んで得ていくことも必須です。去年使用していた技術や開発言語が今年はもうトレンドではない、なんていうのも珍しいことではありません。こういう情報は海外のほうが早く流通するので、英語の文献を読んで理解を進めることも大切にしています。

トライトはどのような雰囲気(社風)の会社ですか?

 若いメンバーが多いため、意見を伝えやすいと感じることが多いです。距離感も心地良く、個人が個人を尊重して仕事ができていると思います。
 トライトはこれからまだまだ大きく強い組織になっていくと思います。組織が成長する中で今後必要なのは、組織自体が自走化していくことと、仕事を属人化させないことだと思っています。そのためには、ここまで溜めてきたナレッジを十分に生かすこと、1つの仕事に対して、同じ組織内の誰でも同質に技術や知識を提供できるように仕様書の作成などを徹底し、情報を共有化していくことが大切だと考えています。

休日やプライベートはどのように過ごしていますか?

 午前中に家事を済ませるようにし、その後はウェブの勉強や読書、映画を見たりして過ごすことが多いです。料理も好きで、パンやクッキーなども作ります。少し前に型を購入したので、最近は食パンづくりにチャレンジしています。シンプルな材料で作ることができる上に、出来立てを食べられるので、すっかりハマってしまっています。 

ある日のスケジュール
SCHEDULE

9:20出社、1日のスケジュールを確認
9:30社内清掃
9:40朝礼 
9:50通常業務
12:00昼食
13:00Webパフォーマンス改善に関するワークショップに参加 
14:30通常業務 
16:00社内デザイナー・フロントエンドエンジニア勉強会に参加
17:00通常業務、データ整理やドキュメントの更新 
18:50退勤

ENTRY

募集要項や選考のフローの詳細を確認いただけます。
まずはお気軽にエントリーください。

採用に関してのお問い合わせ