経営の意思決定をより
深く支える存在を目指し
コンサルタントから事業会社へ

田中 大二郎

株式会社トライト 経営企画本部 経営企画部 課長

ご自身のこれまでのご経歴を教えてください。

 2020年6月にトライトに入社しました。社会人2社目の勤務先です。
 学生時代にさかのぼると、日本の大学の3年時に急遽留学することを決意して、日本の学を卒業後、ニューヨークの大学へ編入をしました。日本と米国の両方の大学を卒業することになったので、トータルで6年の大学生生活を送った後、帰国して外資系のコンサルティングファームに勤務しました。
 コンサルティングファームでは、主にインフラ系の顧客を担当し、顧客のセグメンテーションの軸を考えたり、シナリオプランニングを実施したり、PMオフィスを立ち上げたりと、スケールの大きな事業に関わることができ、充実した日々を送ることができました。
 こういった経験を事業会社の中で生かしたいと考え、トライトに入社しました。

現在の仕事内容は何ですか?

 経営企画の仕事は多岐にわたるのですが、入社してからこれまで全社プロジェクトのPMを担ってきました。具体的にはインサイドセールスの立ち上げ、2020年に実施した社名と社名ロゴの刷新や、ミッション・ビジョン・バリューの策定などです。そのほか、新規事業にも関わっており、介護事業所向けアプリの立ち上げや、今後展開予定の事業にも携わっています。新規事業における役割は、計画の立案、社内でのチーム編成、タスクマネジメントなどを実行することです。
 また、社長やCFOが中心となって行っている中期経営計画の策定もサポートに入っています。予算策定における数値のロジックの組み方を考えたり、事業の戦略立案サポートに入ることもあります。
 全般にコンサルタントとして業務をしていた時と近い仕事内容ですが、会社の外から行うのか、中から行うのかでは意思決定へ関わる程度が変わってくるため、中から実行し、より直接的な働きかけとなる現在の業務は非常に刺激があります。

やりがい・仕事の面白さは何ですか?

 経営に近い場所にいるため、経営陣やそれに準ずる人たちが、それぞれどういう思考で意思決定をしているのかを間近で見られるのは、学びが多いと感じています。管掌部門やポジションごとに思考の色があるので、どのような軸でその結論に至ったのか、そのプロセスを知ることそのものが、次の経験につながると感じています。
 また、会社全体に若い人が多いため、エネルギーにあふれていて、そういった人たちと仕事ができることで活力を得られると感じています。コンサルティングファームでは、意思決定層と接する機会が多く、現場の方々と接する機会は限られていました。現場の課題にこそ成長の鍵が隠れているものであり、事業会社の経営企画というポジションはそこに直接働きかけて課題を抽出していくことができます。若いエネルギーにあふれた現場の営業社員と話すことから、経営層と接するところまで、幅広く様々なポジションの人たちと接する機会があり、その視点や考えのリレーをできるところにやりがいを感じています。
 人材事業で伸びてきた会社なので、そのコアを忘れないようにし、新規事業も育てながらも、「人材と言えばトライトだよね」と言われる会社を目指したいと思っています。

トライトを選んだ理由は何ですか?

 前職のコンサルティングファームでの経験は、スケールが大きく、複雑な背景を持つプロジェクトに関わることができ、非常に充実したものでした。一方で、コンサルタントは会社の外の存在であり、最終的な意思決定そのものに関わることはできません。100%自分事にはしきれないことに少し物足りなさを感じる瞬間もあり、いつか事業会社で働き、自社の意思決定に直接的に関わっていきたいと考えるようになりました。
 トライトに入社をしたのは、規模とフェーズが魅力的だと思ったためです。2000名以上の従業員がいる企業規模で、かつ、次の成長を見据えて動きが活発な状況であるトライトは、規模感のある組織の中でどう動くかという学びと、ベンチャー企業的な側面の学びとの両方が経験できる貴重な機会があると考え、入社しました。

トライトに入社して成長を感じるのは
どのような時ですか?

 コミュニケーションの方法にもバリエーションを持つ必要があることを認識できたことは、自分でも大きな成長ポイントだったと感じています。
 例えば、コンサルティングファームでは、同じプロジェクトに関わるコンサルタントの役割は基本的に同じです。一方で、事業会社では立場や所属部門によってそれぞれの役割が違い、物事を考える軸も異なるので、一人一人が置かれている状況を理解してコミュニケーションを取る必要があります。
 また、コンサルタントとしての業務はベンダーとしての立場であり、依頼をされる側です。この経験がコミュニケーションのスタイルにバリエーションを持つことに役立ちました。事業会社の場合は、コンサルタントとは逆の依頼元としての業務になるので、新規事業などを検討するにあたり、依頼先との協業においてどのように進めればスムーズにプロジェクトを動かしていくことができるのかを明確に理解し、実行に移せるようになりました。

トライトはどのような雰囲気(社風)の会社ですか?

 シンプルで、どこか少し部活のような雰囲気も持っている会社です。日々の目標を明確にし、それに愚直に向き合いながら、業務に当たるという文化性からそう感じるのかもしれません。それでいて、フランクに立ち話をするような雰囲気もあり、メリハリがついているのが特徴的であるように思います。
 加えて、方向性が決まった後の現場の動きのスピードは、目を見張るものがあります。こういった特性はこれから様々な新規事業が立ち上がっていく中で、非常に有利に働くものだと思うため、今後の展開がとても楽しみです。

休日やプライベートはどのように過ごしていますか?

 休日になると体を動かすことが多いです。ゴルフやテニスが好きなので、家族や大学の友人とプレーをしに出掛けたり、最近は体調管理のためにトレーニングにも時間を取って取り組んだりしています。 

ある日のスケジュール
SCHEDULE

9:00朝礼
10:00新規事業関連の会議
11:00資料作成
12:00昼食
13:00資料作成
15:00チームメンバーとのミーティング 
16:00プロジェクト進捗確認の会議
17:00上司とのミーティング
18:00資料作成
20:00退勤 

ENTRY

募集要項や選考のフローの詳細を確認いただけます。
まずはお気軽にエントリーください。

採用に関してのお問い合わせ